32番(コンベンションセンター線)には、沖縄県の補助金で購入されたノンステップバスが5台運用されています。その為、今まで32番専用で運用されていた沖縄200か・252~254・262が玉突きで28番(読谷線・楚辺経由)29番(読谷線・喜名経由)で運用されています。

32番での運用時は、後面の方向幕が32番専用のもので表示されていましたが、他の路線に転用されてからは白地の無地で表示されています。

今後も導入される新車で既存車両の運用の変化が顕著になる模様です。