2016年10月より沖縄県より運行実験が始まった急行バス。

23番、31番が派生した331番、27番から派生した777番が運行されてます。

しかし、運行時間帯が均一でないため、非常に利用しにくく、ふたを開けると各社の路線を使用しての急行バスの運行で、当初の共同運行計画とはかけ離れるものがゆえに利用しにくいと感じました。

実際、結果はこれからですが、わかりにくい部分もあり、各バス会社が歩み寄らないと利便性の向上には一生つながらないのではないでしょうか。

利用者の声もしかっり反映してほしいものです。